大人ニキビについて

30歳くらいから、生理前になると、顎の周囲にボツボツと、赤い硬いニキビが、出来るようになりました。
ニキビを治すため、まず、クレンジングや、洗顔をいつもよりやりました。それでも治らず化粧水、乳液、美容液などの化粧品の見直し、高い化粧品を買ったりいろんな化粧品会社に電話したりしたのですが、よくならずに薬局で薬を買うようになりました。
そんな日々が、7年位続き、インターネットで、調べたところ、女性ホルモンが影響していることをしり、皮膚科で保険適用で治療できることもわかりました。すぐ皮膚科に通い、抗生剤とデュアックという塗り薬を処方してもらいました。それに伴い、赤外線か紫外線か忘れましたが、10分間光を浴びるという治療をすることにより、約3週間できれいな顎になりました。
しかし、わたしに、不幸が襲いました。
抗生剤で、顔がかぶれて結局外用薬は使えなくなりました。その事を発端にして病院に行くのをやめました。
それから2年が過ぎ、我慢できず違う病院に通い始めました。そこで、ロキシスロマイシンという内服薬と、ナジフロクリーム「夜」ゼビアックスローション「朝」を処方して頂いて、ようやく綺麗になれました。
しかし、ロキシスロマイシンは抗生剤なので、使える日数が決まっているので、短期間でなおさなくてはいけないのが辛い所です。
朝と夜処方して頂いた薬は塗り薬だったのですが、この薬は副作用がすくなく、とても使いやすい薬でした。
たかが、ニキビでもされどニキビです。
治療次第では、あとが残ります。きちんと病院にかかって治療をしましょう。

顎ニキビ解消をご希望の方はこちら!

大人ニキビについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です